Office365 SkyDrive Pro 容量7GBから25GBへの変更が意味する5つの点

8/27 Office365 での個人用ストレージ領域として割り当てられるSkyDrive Proの容量が7GBから25GBまで拡張された情報がメディアで報じられた。
また、必要に応じて50GB、100GBと増設も可能だ。25GBまで拡張されたことにより、特別な業務に携わる者でない限り多くのユーザーのストレージに対する要求を満たすことができるのではないだろうか。

以下に考えることが出来るメリットについて述べてみたい。
1.ワークスタイル改革の促進

社内でタブレットやスマートフォンを配布してはみたものの、メールと電話以外の機能しか使われていないというような声で、よりデバイスの有効利用を望む声は高い。25GBに拡張されたことと、各デバイス用に提供されるSkyDrive PROアプリにより、ユーザーは常にデスクトップと同じ情報を、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスすることが出来るようになった。これまでは、いつどんな情報が必要になるかがわからないため、大量の資料を印刷して持ち歩いたり、「後日改めて資料をお持ちします」といった非効率な作業が少なくなるだろう。

2.オフライン利用

従来のファイルサーバーの利用は、オンライン上での利用が大前提にあったが、SkyDrive ProとOffice2013の組み合わせによる同期機能により、365上のファイルを常にオフラインに同期して保存できるため、いつでも同じ情報を参照、編集できるようになった。

3.ファイルサーバーとしての利用

1000人規模で利用する場合25GBx1000=25TB利用できる。かつ企業ごとに割り当てられる別領域をも利用できるようになることを考えると、多くの企業はこれによりファイルサーバーからの移行対象としても本格的に利用することが出来る。

4.BCP対策

BCP対策としてファイルサーバーのデータを、東京と大阪あるいは海外と繋いでミラー化し、いざという時に備えるという需要は、特に震災以降急激に増えた。
そういうことになると、通常東京のサイトでミラー構成をし、それをまた別のサイトにコピーするとなると、サーバーにかかるHW、ストレージコスト、バックアップにかかるソフトウェア、専用線など諸々の費用を見積もると、大企業であれば数千万~は軽くかかってしまう構成になってしまう。
それに対して、Office365であれば、自動的な冗長構成となり、震災等の「いざという時」にでも安心して利用ることが出来るようになる。これだけで365を利用する価値は十分にある。

5.PC、サーバーリプレイスコストの削減

PCリプレイスに発生する、データ移行のコストだ。通常、移行する対象になるのは、POPなどで受信しているようであればメールデータファイル、マイドキュメントの中身、デスクトップ上のファイル、「お気に入り」と様々あるが、25GBの利用領域を使う事とによってこれらすべてをクラウド上に持つことが出来るはずだ。

また、SharePoint2013になってもっとも一般ユーザーにとって良い効用をもたらしている素晴らしいユーザビリティは2つあると考えている。
1つは、ブラウザ上でのファイルのドラッグアンドドロップによる、ファイル保存とダウンロード。
2つ目が、今回の25GBの容量拡張と、コンピュータとのオフライン同期機能になる。
この2つの機能によって、解決される最大課題は、普段ファイルサーバー以上のことを行わないユーザーに対して、今までの同じ操作感を継承しつつ、今まで以上のユーザビリティとエクスペリエンスをもたらしていることだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中