【Yammer】 Nationwide Insuranceの事例からみる成功のヒント

米Nationwide Insuranceでは、業務に必要なドキュメントを発見する、 特定の領域の専門家 を探索するという、業務問題の解決における重要なプロセスからペインを取り除くためエンタープライズソーシャルネットワーク (Yammer)を導入しました 。同社のCIOグレック・モラン氏は、Yammerは「我々のコラボレーションの生態系(エコシステム)の”核”」であると評価し、既存のSharePointとYammerを上手く統合することにより、彼らは知識管理とコラボレーション改善をゴールに達成しました。なぜYammerが成功したのでしょうか? その理由のひとつは、LinkedInとFacebookを模したそのインターフェースから生じています。今日世界では50億以上の人々がソーシャルテクノロジーを利用し、新世紀世代が職場を移入し続けており、既存のコラボレーションツールからエンタープライズソーシャルネットワークへのシフト(或いは共存)は自然なものとして捉えることができたからといいます。

しかし、ソーシャルを通じて組織を改善や目標を達成するためには、リーダーシップやビジョンの再定義が必要になります。ガートナーの最近のレポートでは、「ソーシャルビジネスの取り組みの80パーセントは、意図した成果を達成できない」と述べており、その理由に対してCarol Rozwell(ガートナーの副社長)は、「企業でのESNの取り組みは、これまでのテクノロジーの展開とは全く異なることを認識する必要がある」と述べ、テクノロジーに対する過度な期待 (誤解) と社員のリーダーシップおよびリレーションシップに関する不十分な見識についての問題を強調しています。 あらゆる企業のイニシアチブと同様に、ソーシャルビジネスに向かって進行に対しても、重大な戦略的思考を必要とします。

これまで、いくつかのエンタープライズソーシャルの展開に関わってきた経験する中、多くの企業のエグゼクティブは、ここに課題に挙げたような、リーダーシップやマネジメント(例えば人的リソースの活用、横の繋がりが大事)だというような共通の問題意識を抱えており、問題はトップにあるのではないことが多い。むしろ多くの場合、IT部門や導入推進および主幹しようとする部門レベルでの知識不足や導入計画に不足する起因することがわかってきました。決して”システムを導入するまでが我々の仕事” というように、種だけ巻いて水もやらないようなことでは社内のコラボレーション風土は決して育たないわけです。

下図はある企業においてエンタープライズソーシャル展開の際に用いた計画ですが、ここに記すようにテクノロジーに関わる問題解決のみではなく、多方面での問題を部門横断的に計画が立てられています。

また、エンタープライズソーシャルネットワークの実装からの投資利益率(ROI)への直接的なリターン測定に挑戦することは不可能ではありません。それはROI測定を計画当初から明確に実装の目標に定義することによって容易になり、そのいくつかの主要な目的を、生産性を向上や社員の士気を高めるためと定義することが出来きます。36,000人の労働力を持つ企業においても、社員間の相互作用の増加と情報の凝集を促進することが、企業向けソーシャルネットワークの導入により可能になる。エンタープライズソーシャル成功のヒントは、まずは図に示すような準備期に「我々は何処に向かうのか?」という目的を、組織をあげて定義していくことが最初の大切なステップになります。地図を広げ行先の確認作業を行ってください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中