コミュニケーションデザインの不可能性

かつて、歴史の中心的な視座にあったのが <計画>という概念でした。建築で言えば <計画>は都市においてのゾーニングやコントロールのシステムであり、ここの場所は公園で、ここは住宅地でここは集会場で、周りにはコミュニティが出来上がってというような仕分けがなされました。しかし、実際に計画は上手くいくものではありませんでした。なぜなら少数の建築家が人々の行動パターンを全て把握し、事前に理性的に統御することなど到底出来なかったからです。結果、子供たちの憩いの場であるはずの公園はイジメの現場となりかわり、ニュータウンをつくるとそこは少年犯罪の温床になるなど、経済学者で言えば「意図せざる結果」と呼ぶようなことが数々起こりました。

建築家 クリストファー・アレグザンダーは「都市はツリーではない」という論文の中で、都市は自然成長的に発展するものであり、設計された都市が必然的に失敗することを数学的に証明してみせました。それは建築家がどのように多様性を目指して設計しても、結局は<計画>にしかならないということであり、設計者の認識能力、予測不可能性の限界を鋭く指摘したものでした。つまり、一部のアーキテクトが都市のもつダイナミズムをツリー構造に回収しようという試みは、例外なく人々の多様性や自由を抑圧することになり、予想を超える問題を後に残すというものです。

コミュニケーションのプラットフォームを考える際においても、アーキテクトは広場を作って多様な交流をもたせたがりますが、実際はそう簡単にはいきません。こうした不可能性の問題があるわけです。

※図1

ITの世界で、ウォータフォールと呼ばれる最初に完成した状態を予想して作られる設計手法がありますが、これは最初に最終形をきっちり設計し、それに向かって一目散に開発を進めるやり方です。それは、開発が終了したときが即ち「計画」の終了を意味します。

しかしそのような計画において「終わりよければ全てよし」とはいうものの、「どこが始まり」で、「どこで終わる」のでしょうか、コミュニケーションは常に既に流れ続けています。また「よし」とは誰にとっての「よし」なのか、その意味でエンタープライズソーシャルは、設計者の恣意的な仕分けを前提になされる「計画」との相性がよくありません。いわば永遠のベータ版といえるコミュニケーションプラットフォームに対して、求められるアーキテクトの役割はこれまでと異なると言えます。

では、「その上で何をすべきか」ということだと思います。そこで、素朴に全体性の把握が出来ていると信じるアーキテクトと、そうでないことを自覚した上で設計という行為に携われるアーキテクトで、どちらでセンスがあると言えるのでしょうか。それは組織のもつダイナミズムを決定的に変えていくことになると思います。

「コミュニケーションの活性化」というオーダーに対し、すぐに新しいツールの話を持ち出し、こんな機能やあんな機能を取り上げる人々がいます。それ自体は悪い行為であるとは思いません。しかし前提の補完性の考察がスキップされています。相互扶助に関わる仕組みはどうなっているのか、人事制度はどうなっているのか、企業文化はどういったものなのか。そうした問題を永続的にサポートするのかしないのか? つまりこうしたスペックのハコをつくりますという事の以前に前提があるだろうという事です。社員のどのようなコミュニケーションをサポートし、どのような触媒になろうとするのか?そうしたことをスキップしてしまおうとする態度があるならば、それこそ問題として捉えなおすべきではないでしょうか。

※1ツリーとセミラティス (左が自然成長的に出来上がったダイナミックな社会【セミラティス】右が人工的に作られたよそよそしい社会【ツリー】)

Office365 SkyDrive Pro 容量7GBから25GBへの変更が意味する5つの点

8/27 Office365 での個人用ストレージ領域として割り当てられるSkyDrive Proの容量が7GBから25GBまで拡張された情報がメディアで報じられた。
また、必要に応じて50GB、100GBと増設も可能だ。25GBまで拡張されたことにより、特別な業務に携わる者でない限り多くのユーザーのストレージに対する要求を満たすことができるのではないだろうか。

以下に考えることが出来るメリットについて述べてみたい。
1.ワークスタイル改革の促進

社内でタブレットやスマートフォンを配布してはみたものの、メールと電話以外の機能しか使われていないというような声で、よりデバイスの有効利用を望む声は高い。25GBに拡張されたことと、各デバイス用に提供されるSkyDrive PROアプリにより、ユーザーは常にデスクトップと同じ情報を、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスすることが出来るようになった。これまでは、いつどんな情報が必要になるかがわからないため、大量の資料を印刷して持ち歩いたり、「後日改めて資料をお持ちします」といった非効率な作業が少なくなるだろう。

2.オフライン利用

従来のファイルサーバーの利用は、オンライン上での利用が大前提にあったが、SkyDrive ProとOffice2013の組み合わせによる同期機能により、365上のファイルを常にオフラインに同期して保存できるため、いつでも同じ情報を参照、編集できるようになった。

3.ファイルサーバーとしての利用

1000人規模で利用する場合25GBx1000=25TB利用できる。かつ企業ごとに割り当てられる別領域をも利用できるようになることを考えると、多くの企業はこれによりファイルサーバーからの移行対象としても本格的に利用することが出来る。

4.BCP対策

BCP対策としてファイルサーバーのデータを、東京と大阪あるいは海外と繋いでミラー化し、いざという時に備えるという需要は、特に震災以降急激に増えた。
そういうことになると、通常東京のサイトでミラー構成をし、それをまた別のサイトにコピーするとなると、サーバーにかかるHW、ストレージコスト、バックアップにかかるソフトウェア、専用線など諸々の費用を見積もると、大企業であれば数千万~は軽くかかってしまう構成になってしまう。
それに対して、Office365であれば、自動的な冗長構成となり、震災等の「いざという時」にでも安心して利用ることが出来るようになる。これだけで365を利用する価値は十分にある。

5.PC、サーバーリプレイスコストの削減

PCリプレイスに発生する、データ移行のコストだ。通常、移行する対象になるのは、POPなどで受信しているようであればメールデータファイル、マイドキュメントの中身、デスクトップ上のファイル、「お気に入り」と様々あるが、25GBの利用領域を使う事とによってこれらすべてをクラウド上に持つことが出来るはずだ。

また、SharePoint2013になってもっとも一般ユーザーにとって良い効用をもたらしている素晴らしいユーザビリティは2つあると考えている。
1つは、ブラウザ上でのファイルのドラッグアンドドロップによる、ファイル保存とダウンロード。
2つ目が、今回の25GBの容量拡張と、コンピュータとのオフライン同期機能になる。
この2つの機能によって、解決される最大課題は、普段ファイルサーバー以上のことを行わないユーザーに対して、今までの同じ操作感を継承しつつ、今まで以上のユーザビリティとエクスペリエンスをもたらしていることだ。

利用目的別 ソーシャルプラットフォーム グラフ


2月に米harmon.ieが調査した、ソーシャルプラットフォーム別の利用目的をグラフ化です。

予想のとおりにフェイスブックの主な利用目的は友人との繋がりの維持で、Linkedin は仕事におけるネットワーク、Twitterは最新のニュースの確認のために使われる。Google+はほぼ誰もつかっていないことです。

Microsoft はまだYammer とSharePointがどのように融和させていくのかまだ結論を出していないが、このグラフが示すように企業からのMicrosoftに対する期待はビジネスコラボレーションにあるようです。ただ、効果として「どの程度の見込みが得られるか」というハードルのところで、企業での採用には迷いが見られます。

エンタープライズ向けソーシャルに企業側が何を期待するかによって、企業が選ぶオプションは変わると思います。ただ YammerとSharePointを比べるとすれば、External な繋がりに関してはYammer、Internal なコラボレーションに関してはSharePointにそれぞれ特徴的な価値があると思います。